レザークラフトの型紙設計はCADソフトをお勧めします

レザークラフトで一番重要かもしれない作業の一つが「型紙の設計」です。

どんなに良い道具を使っても、

どんなに高価な革を使っても、

型紙の時点で失敗していたら、完成する作品は失敗作になってしまいます。

そうならないためにも、型紙の設計はしっかりとしたいものです。

スポンサーリンク

CADソフトがおすすめ

私は型紙の設計には無料のCADソフトを使用しています。

CADソフトのいいところはデータで保存できて、修正も簡単なところです。

型紙設計後に最初にやることは「試作」になると思います。

私は、革ではなく、「紙」を使ってよく試作をします。

こんな感じです。

レザークラフト型紙の紙試作

型紙を印刷して、切って、ホチキスで仮止めしているだけです。

これだけでも、作品のサイズ感だったり、修正が必要な場所がわかったりします。

これで修正を繰り返して、本番にのぞみます。

CADで型紙を作っていれば、この「試作」→「修正」がとても楽ちんです。

データで修正したい箇所だけ修正して印刷しなおせばいいだけなのです。

革で試作する場合と比べて、費用もめちゃくちゃ安いです。

寸法なども正確ですし、曲線もきれいに書けます。

CADは慣れるまでは少しめんどくさいかもしれませんが、

慣れてしまえば、手書きよりも型紙設計の時間が10分の1くらいで済みます。

CADソフトの導入は面倒?

CADソフトと聞くと、

「難しそう」

「めんどくさそう」

と思う人もいるでしょう。

たしかに高機能なCADソフトは難しいし、覚えるのに時間がかかります。

しかし、レザークラフトの型紙を作る程度の作業だったら、

高機能なCADソフトはいりません。無料のもので十分です。

操作自体もとてもシンプルで簡単です。

パソコンを使ったことがある人なら、だれでもすぐにマスターできると思います。

CADソフト勉強のためにお勧めの書籍

CADソフトが型紙設計には便利なのはわかっていても、

いろんな種類のものがありますし、操作方法もCADソフト毎に違います。

私がCADソフトを導入するときもかなり迷いました。

ネットでいろいろな情報を検索しました。

いろんなサイトでCADソフトでの型紙設計方法が紹介されていましたが、

最終的に「CADソフトを使ったレザークラフト型紙設計の基本」を読んで勉強しました。

この本では、レザークラフトで使うのに最適な無料CADソフトの導入方法と

型紙設計のために使う機能の操作方法がわかりやすく書かれています。

インターネットの各サイトで紹介されている説明は1ページや2ページにまとめた情報しかありませんが、

この本は全34ページで説明されているので、とてもわかりやすく参考になりました。

この本はかなりおすすめです

個人的には、型紙がたくさん掲載されているような本を買うよりも、この本を買った方がかなりお得だと思います。

型紙設計のための必要最低限の機能のみ解説されているので、

要らない機能の説明がありません。

そのため、読んですぐに実践できます。

私は、3日間くらいCADソフトに関して調べていたのですが、

この本なら3日間で型紙設計できるようになります。

調べていた時間は無駄でした。

この本を読めば、レザークラフトで使う型紙はほぼ設計可能だと思います。

私はこの本で学んだ内容だけでずっと型紙を設計してます。

CADソフトを使ったことがない人でも、この本があれば、すぐに使えるようになると思います。

これまでいろいろなレザークラフトの書籍を購入してきましたが、

レザークラフト技法事典 クラフト学園虎の巻と同じくらい有用な本でした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です