レザークラフトの基本技法1~型紙の作り方とコツ

レザークラフトで最初にやることは型紙づくりです。

レザークラフトでは型紙がしっかりできていないときれいな作品はできません。

しかし、型紙が完璧にできていれば、あとは型紙通りに作るだけできれいな作品が完成します。

型紙は設計図のようなものです。しっかりとした設計図を書けば、しっかりとした作品になります。

型紙の作り方の基本を身に着けて、きれいな作品作りを目指しましょう。

スポンサーリンク

型紙設計

まずは型紙の設計を行います。

設計といってもやり方は自由です。

完成品を想像して必要なパーツのサイズなどを書き出していきましょう。

まずは、紙に手書きでイメージ図みたいなのを書くとやりやすいです。

2013030811332531a

イメージ図が完成したら、正確な寸法で薄い紙に実際の大きさで書いていきましょう。

手書きでもいいですが、現在ではパソコンのソフトを使ったほうが便利だし、精度も高いです。

それに、パソコンに保存しておけば、後々再利用するときなんかも手軽にできます。

設計のためのパソコンソフトは一般的にCADと呼ばれるものです。

CADにもいろいろな種類があります。

レザークラフトの場合、2次元のCADで十分なので、無料で使えるものがたくさんあります。

私のおすすめはDraftSightです。

無料で使えてかなり高機能です。最初は操作方法などに戸惑うかもしれませんが、慣れれば簡単です。

レザークラフトを続けるなら、操作方法を覚えておいて損はないと思います。

型紙切り取り

型紙の設計が終わったら、厚紙に貼り付け、切り取ります。

パソコンで型紙設計をした場合は印刷をしましょう。

家にプリンターがない場合でも、インターネットでコンビニ印刷などが利用できます。

薄い紙のままだと、革の型にしたときに紙がゆがんでしまって正確な形で切り取ることができません。

せっかく正確な設計図を作ってもそれでは意味がありません。

簡単にはゆがんだりしない厚紙に貼り付けることでそれを防ぐことができます。

厚紙の貼り付けにはゴムのりを使います。ゴムのりは水分が少ないので紙の変形が少なくて済みます。

ゴムのりは貼り付けるものの両方に塗ります。

ここでは、型紙を印刷した紙と厚紙の両方にゴムのりを塗りましょう。

ゴムのりが少し乾いてきたら、厚紙と型紙を貼り付けます。

そして、上から全体をガラス板などで軽く押さえたら型紙と厚紙の貼り付けは完了です。

ゴムのりは革同士の接着にも使えるので1つ持っておくといいでしょう。

o0640048012167030882

切り取るときのコツとしては、切り口がガタガタにならないように刃の動きを止めずに一気に切り取ることです。

切り口がガタガタになってしまうと革を切り取るときに、刃が引っかかりきれいに切り取ることができません。

革で失敗するよりも紙の時に失敗しておいたほうがやり直しができます。

厚紙を切り取るときは革を切り取る練習だと思ってやるといいでしょう。

厚紙を切り取る道具としては、OLFA アートナイフを使うと細かいところまできれいに切り取ることができます。

革を切る道具であるオルファ・別たちを使用してもいいです。

こちらのほうが、革を切るときと同じ道具なので練習になるかもしれません。

型紙チェック

型紙をすべて切り出し終えたら、実際に組み立ててみるといいです。

PICT8447

そうすることによって、本当にイメージ通りのものができるかどうか確認できます。

もし、不具合が発生しそうな場所を見つけたら、その部分だけ設計しなおせば大丈夫です。

設計の段階できちんと作っていることはとても大切なので、めんどくさくても型紙の組み立てはやっておいたほうがいいです。

この次に読むといいページ

レザークラフトの基本技法2~革のけがき方と切り取り方とコツ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>