型紙をきれいに切り取りたいならラベルシールがおすすめ

レザークラフトでは型紙がとても重要です。

ということはみんなわかっていることだと思います。

きっちりとした型紙を設計した後は、その設計通りに型紙を切り抜く技術も重要です。

どんなにしっかりした型紙でも、

型紙どおりに切り取ることができなければ、意味がありません。

スポンサーリンク

型紙切り取りの工程

まず、型紙を切り取る際の工程をおさらいです。

  1. 型紙を設計
  2. 型紙を印刷
  3. 印刷した型紙を厚紙に張り付ける
  4. 厚紙を切り取る

という4つの工程があります。

設計に関しては、CADを使えば簡単にできます。

(参考記事:レザークラフトの型紙設計はCADソフトをお勧めします

CADで設計していれば、印刷も簡単です。

意外と難しいのが

「3.印刷した型紙を厚紙に張り付ける」

なのです。

この工程は簡単そうに見えて難しいです。

多くの人が印刷した型紙にのりを塗って、厚紙に張り付けていると思います。

A4サイズの紙にのりをまんべんなく塗って、

ゆがみのないように厚紙に張り付ける。

少しでも歪んでしまうと、サイズがずれてしまうので、型紙が台無しです。

そこで、今回はこの作業を楽にする方法を紹介します。

(あくまでも、私個人が利用している方法です。)

ラベルシールを利用

ラベルシールというのは、

「印刷可能なシール」

と思っていただければいいかと思います。

実際に私が使っているのはエーワン(A-One)ラベルシール マット紙です。

これに型紙を印刷しています。

型紙を印刷したら、厚紙に張り付けて切り取るだけです。

シールなので、のりよりも簡単に張り付けることができます。

これだけなのですが、意外と便利です。

よければ、活用してみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です