レザークラフトでの副業の始め方!素人でもネット販売に挑戦

レザークラフト作品をネットで販売して、
ちょっとしたお小遣いを稼ぎたい!

そう思ってる人のために、
私が副業でやっている、レザークラフト作品のネットショップ運営方法を紹介します。

スポンサーリンク

私の作業時間

レザークラフト作品の販売はあくまで副業でやっています。

本業があるため、作業時間は限られてきます。

私の場合、副業をやる日のタイムスケジュールは大体こんなかんじです。

・夜8時ごろ帰宅
・ごはんとお風呂で9時
・1時間くらい休憩して10時
・10時から作業開始1~2時間
・12時~1時の間に寝る

平日の週3日くらいこんなかんじで作業をしています。

休日は、1日中やる日もあれば、全然やらない日もあります。

こんなかんじで、1カ月に10個くらい作品を販売しています。

利益は想像にお任せします・・・あくまで副業。お小遣いの範囲です。

でも、好きなことをやってお金がもらえるなら、
そんなに利益は考えなくてもいいと思ってやってます。

赤字になるようならまずいですが、
注文を受けてから制作というスタンスでやっているので、
赤字にはなりません。

使っているネットショップ

私はネットショップとしてBASE を使用しています。

なぜ、BASEかというと、

初期費用が無料で、商品が売れたときだけ手数料を払えばいいからです。
副業で赤字を出すわけにはいかないので、
商品が売れなければ料金を支払う必要はないBASEを選びました。

BASEの手数料は以下の通りです。これ以外はすべて無料という格安さ!

BASE手数料

振り込み確認も簡単

BASE の地味にいいところは、代金の振り込み確認が簡単というところです。

どういうことかというと、

商品が購入された後、入金確認までのプロセスはすべてBASEがやってくれます。

簡単に説明すると、

商品の購入者は、BASEに一度代金を支払います。

すると、お店側に商品を発送してくださいとBASEから連絡が来ます。

お店側は商品発送後、BASEから料金を受け取ります。

つまり、

お店側としては購入者に対して、入金先の連絡や、入金確認などの必要が無く、

商品を発送するだけでいいのです。

個人でネット販売をするなら、時間と手間が省けてかなり便利です。

あとは、
簡単にネットショップが作れたということと、
デザインもいい感じだったからです。

めちゃくちゃ稼ごうと思って始めたわけではないので、
とりあえずお金のかからないBASEでいいかというかんじで選びました。

ただ、
最初は全然アクセスがありませんでした。
それで、いろいろ調べて、SEO対策を考慮した結果、
SEO対策に関しては以下の記事を参考にしてみてください。

参考記事:レザークラフト作品のネットショップ開業!個人運営で大事な集客方法
SEO対策を意識してから毎日20件くらいのアクセスがあるようになりました。

月にすると約600件程度のアクセス数です。

副業なのでこれで十分です。

個人の革作品の注文の受け方

先ほども書いた通り、
私の場合は基本的に注文を受けてから制作するという感じです。

最初は知り合いのために作ったものを見本写真として掲載しておいて、
それを参考に注文をしてもらっています。

制作開始から発送までは2週間かかるということを、
記載しておいて、注文を受けます。

2週間あれば、
注文を受けてから、
革を購入して、制作開始~完成まで余裕をもって行えます。

最初は、あまり多くの注文を受けすぎずに、
慣れてきたら、月10件とかでもいけると思います。

注文がコンスタントにはいるようになってきたら、
人気のある革の色などがわかってくると思うので、
そういう革は在庫を持ってもいいと思います。

リピーターが増えれば独立も可能かも!?

革製品のオーダーメイド制作は以外と需要があります。

私のショップで以前作品を購入してくれたお客さんが、

後から、
「オーダーメイドでこういうのを作ってほしい」
と依頼してくることもあります。
例えば、
舞台をやっている友人のために台本入れを作ってほしい
という依頼もありました。

台本入れなんて、需要があんまりないのでしょう。
そのため、そんなものを作っている会社はありません。

そういう時に求められるのが、
オーダーメイドで作ってくれる所になります。

こういった注文の場合、けっこうおいしい仕事になります。
型紙づくりからやらなければいけないため、作業工程は増えますが、
お客さんも予算が多めの人が多いです。

手間は増えますが、
型紙なんて材料費はほぼ0円なので、利益分が大きくなります。

なので、オーダーメイドはおいしいです。
自分の勉強にもなりますしね。

一度オーダーメイドを依頼してくれた人は、
その後も結構依頼してくれることが多いです。

そういうリピーターが増えていけば、
独立して、レザークラフトを本業にもできると思います。

まぁ、
そのためには、リピーターができるような、
素晴らしい作品を作ることが先ですけどね。

なんにせよ、
レザークラフトの作品を副業でネット販売することは、
自分の技術力向上にもつながるので、
やってみて損はないと思いますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です