レザークラフトで革に穴をあける[ハトメ抜きと美錠抜き]

レザークラフトでは菱目打ちであける縫い穴以外にも革に穴をあけることがあります。

例えば、ベルトのバックルのピンを通す穴だったり、ハトメリングをつけるための穴だったりします。20140624_3f8745

これらの穴あけの技法を知っていれば、作品のバラエティが増えます。

ということで、今回はレザークラフトにおける穴あけ技法の「ハトメ抜き」と「美錠抜き」を紹介します。

スポンサーリンク

ハトメ抜き

まずは、ハトメ抜きから紹介します。ハトメ抜きは革に円形の穴をあけるための道具です。

この円形の穴はレザークラフトではいろいろな用途で使用します。

ギボシをつけたり、ホックをつけたり、レザークラフトの作品には欠かせない金具をつけるためのにハトメ抜きは必要になります。

DSC_0733

ハトメ抜きの円のサイズは規定で数種類に分類されます。一番小さいもので、直径0.6mmの2号から大きいもので直径30mmの100号まであります。

自分が使いたい金具のサイズを決めて、それに合う大きさのハトメ抜きを選んで購入するようにしましょう。

c7e133f8f1

ハトメ抜きの使い方

ハトメ抜きを使用した穴あけの方法は基本的に菱目打ちと同じです。

革に対して垂直に立てて、上からハンマーで2,3回叩いてくりぬきます。

注意したい点は「垂直に穴をあける」ことです。斜めにあけてしまうと、金具が取り付けられなかったりします。

まぁ、金具が取り付けられないということはほとんどありませんが、垂直を意識して穴開けをするようにしましょう。

ハトメ抜きで穴をあけるときは、穴の中心にマークをつけておくと簡単です。

マークをつける場合は型紙の時点からマークを作っておきます。

そして、革を型紙の形にくりぬくときに、ハトメ抜きをする穴の中心部分を丸錐(まるぎり)で刺してしるしをつけておくといいです。

ハトメ抜きでくりぬくときには、一度軽くハトメ抜きの刃を革に当てて、薄い跡を革につけて、丸錐(まるぎり)のマークが円の中心に来ていることを確認してから、穴をくりぬくようにすると失敗しません。

美錠抜き

美錠抜きとは革に長穴をあけるための道具になります。

この長穴の用途は主にベルトのバックルを取り付けるための穴になります。

sim

最近では、スマホケースのカメラ穴などにも利用できます。

レザークラフトのいいところは自分の好きなように本革グッズが作れるところなので、この長穴の利用方法も自由に考えるといいです。

sim (1)

美錠抜きを使わず長穴をあける方法

美錠抜きがあれば長穴をあけるのは簡単なのですが、それほど使用頻度は高くありません。

趣味程度なら、わざわざ美錠抜きを使わなくても長穴をあける方法があります。

それは、ハトメ抜きとカッターを使った方法です。

まずは、長穴の両端部分にハトメ抜きで穴をあけます。

そのあと、カッターで穴と穴の間の革を切り抜けば、長穴の完成です。

nagaana

このように、レザークラフトの道具の使い方に決まり事はありません。

自分の表現したい形をよく考えて、それを実現するための道具を考えるのも結構楽しいです。

経験を積むことで、いろいろな道具の使い方のアイデアが生まれてきたりします。

いろいろな作品を作ってレザークラフトの経験値を積んでいきましょう。

レザークラフト初心者が次に読むといいページ

レザークラフト初心者のための基本技法  
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>