最も基本的なファスナー付長財布の作り方&型紙公開~レザークラフト

今回はもっとも基本的なファスナー付長さ財布の作り方を紹介します。

お店などで販売されている長財布の構成を見てみるとわかると思いますが、ほとんどこの財布と同じような構成になっています。

若干違うところはありますが、基本はこの形と同じです。

それだけ、この形の財布が使いやすさや作りやすさの面で優れた形なのだと思います。

ということで、今回はそんな長財布の作り方を紹介します。

スポンサーリンク

長財布型紙公開

それでは今回使う型紙を紹介します。

型紙はとてもシンプルです。ほとんど直線なので切るのも難しくないと思います。

今回のテーマはできるだけスリムにすることです。

ファスナー付の長財布は比較的大きなものが多いです。

今回は基本の形を崩さずに、できるだけスリムな財布にするため、寸法をギリギリまで小さくしました。

ファスナー長財布1 (2)

革の切り取り

まずは革を各パーツの形に切り取ります。

パーツの数は全部で11個になります。

切り取ったらカード入れパーツの上部のみコバ磨きをしましょう。

マチ―パーツの作成

最初にマチパーツに折癖をつけます。

マチパーツを折る前に、縫い線を引いておきましょう。

縫い線を引いたら、折り曲げて、クリップなどで留めて放置して次の作業にいきます。

ファスナー長財布1 (3)

カード入れパーツの作成

カード入れパーツを作成します。

まずは、カード入れパーツの下部に縫い線を引きます。

ファスナー長財布1 (4)

ここでは、カード入れパーツの下部のみを縫い、サイド部分は後から縫います。

縫い線を引き終わったら、カード入れパーツのベースパーツに縫い付けの基準となる線を引きます。

線を引く位置はカード入れパーツの最上部と最下部の位置です。

新しいビットマップ イメージ

線を引いたら、一度カード入れパーツが本当にその位置でいいかどうか並べてみましょう。

位置が良ければ、一つずつ縫いつけていきます。

最初に縫い付けるのは、一番上のカード入れパーツです。ただし、縫うのは下部のみです。

ファスナー長財布1 (6)

縫い代部分にゴムのりをつけ、仮付けしたら、菱目打ちで穴を開け、縫っていきます。

次にもう一つのカードパーツを上に乗せて、下部のみ縫い付けます。

最後にセンターラインを塗ったらこのパーツは一度おいておきます。

新しいビットマップ イメージ (2)

小銭入れの作成

小銭入れパーツの中心にファスナー取り付けのための穴を切り取ります。

穴の大きさは使用するファスナーの大きさに合わせましょう。

ファスナー長財布1 (8)

穴を切り取ったら、縫い線を書き、ファスナーをゴムのりで固定して、縫っていきます。

ファスナー長財布1 (10)

ファスナを縫い付けたら、半分に折り曲げて、下部をゴムのりで接着し、縫っていきます。

ここまでくれば、サイドに穴が開いた状態です。このサイドはマチパーツで塞ぎます。

マチパーツの真ん中に小銭入れを挟み、縫っていきます。

ファスナー長財布1 (11)

これで小銭入れは完成です。

外周ファスナーの取り付け

カード入れに外周ファスナーを取り付けます。

ファスナーのカーブ部分は今回の長財布作成の中できれいに仕上げるのが一番むずかしいでしょう。

まずは、ファスナーの中心となる部分と革の中心となる部分に印をつけます。

ファスナー長財布1 (12)

ファスナーの長さはあらかじめ、調整しておきましょう。気持ち長めにしておくといいと思います。

革とファスナーの縫い代部分に両面テープをつけたら、貼り付けていきます。

まずは中心部分を合わせて、そのサイドの直線部分をつけましょう。

次にカーブ部分は貼り付けずに、次の直線部分を貼り付けましょう。

最後にカーブ部分を貼り付けます。

カーブ部分は山ができているはずなので、最初に山の真ん中部分を貼り付けます。

すると、山が2つになるので。それぞれの山の真ん中は貼り付けます、これを繰り返すことで、カーブ部分をきれいに貼ることができます

あんまりうまくいきませんでした。

ファスナーは写真のように裏返しの状態で貼り付けて、裏返してから縫います。

ファスナー長財布1 (13)

全パーツの合体

ここから写真がなくてすいません。

ファスナーを張り付けて裏返したら、カード入れパーツをそこに貼り付けます。

この時、外表面の革とカード入れパーツの革ができるだけピッタリ重なるようにすることがきれいな見た目にするためのポイントです。

小銭入れのマチ部分にあらかじめ菱目打ちで穴をあけます。それと同じ菱目打ちを使って本体にも穴をあけます。

ファスナー長財布1 (16)

そして、外周部分にも穴を開けます。そして、縫います。

難しいところはありませんが、基本がしっかりしていなければきれいにできません。

逆に基本がしっかりしてさえいれば、きれいに作れるのが長財布です。

長財布をきれいに作れるようになれば、初心者は卒業して、いろいろな作品作りに挑戦できると思います。

私は初めての長財布はあまり写真の通りきれいにできませんでした。

カード入れパーツなどは基本の直線縫いがほとんどなので、ミスすることなくきれいにできたのですが、ファスナー取り付けがやはり難しかったです。

しかし、一度失敗したことで、どこを注意すればいいかわかったので勉強になりました。

ファスナー長財布1 (17)

ファスナー長財布1 (18)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>