少し変わったミドルウォレットの型紙&作り方

今回紹介するのは少し変わったミドルウォレットの型紙&作り方です。

何が変わっているのかというのは言葉では伝えにくいので、まずは完成品をご覧ください。

新しいビットマップ イメージ

お札入れの形、カード入れの形が普通の財布とは違うと思いませんか?

特にカード入れ部分は簡単そうに見えて、縫う順番とかが結構ややこしいです。

しっかり順番を考えて縫わなければいけません。

しかし、パーツの形自体は直線のみで革を切るのは簡単です。

縫う場所もそんなに多くありませんし、直線ばかりで簡単です。

レザークラフトの技術としては初心者レベルでも作れるものです。

ということで初心者の人にぜひ挑戦してほしい作品です。

スポンサーリンク

型紙公開

まずは型紙です。これは特に変わったところはありません。

パーツの数も全部で7個なので初心者にもやさしいです。

(カード入れパーツは1個しか書かれていませんが実際は3つ必要です。形が同じなので省いています)

革の切り取り

各パーツの形に革を切り取ります。特に注意するところはないです。

写真は撮り忘れです。

床面&コバ磨き

以下の場所のみ床面&コバ磨きを行います。ここまでは基本通りの作業です。

基本ですが、これをしっかりやることできれいな作品になります。

床面磨き

・カード入れパーツ床面

・本体パーツ床面

・小銭入れパーツ床面

・小銭入れ蓋パーツ床面

コバ磨き

・小銭入れパーツ開閉部分

・小銭入れ蓋パーツ

・本体パーツお札入れ部分&カードポケット部分

・カード入れパーツ

本体パーツ折り曲げ

最初に本体パーツを折り曲げておきます。この方がのちのち作業がしやすいです。

ついでに、縫い線もけがいておきます。この状態で次にいきます。

ミドルウォレット (8)

小銭入れパーツ作成

小銭入れパーツを作ります。

まずは小銭入れパーツを半分に折り曲げます。

ミドルウォレット (10)

そしていったん開いたら、折り線部分に印をつけて、両サイド5㎜位を残して切り込みを入れます。

この切り込みが小銭入れの開閉部分になります。

ミドルウォレット (11)

次に、蓋を取り付けます。蓋パーツの根元部分に縫い線をけがきます。

縫い線をけがいたら、小銭入れ―パーツにゴムノリで貼り付けて、穴開けて、縫います。

蓋を縫い終わったら、カード入れパーツの縫い代部分に菱目打ちで縫い穴を開けます。しかし、ここではまだ縫いません。

ミドルウォレット (15)

蓋パーツと小銭入れパーツに折癖をつけるために、図のようにクリップで固定して放置します。

ミドルウォレット (16)

残りの部分は後から縫うので、次の工程にいきます。

カード入れ作成

カード入れを作成します。ここでは縫う順番が大切です。

まずはカード入れパーツ同士を写真のように縫い合わせます。

ミドルウォレット (19)

3つのカード入れパーツが一つになったら、本体パーツに縫い合わせていきます。

最初に一番下に来るカード入れを写真のように縫いつけます。この時左端の部分はまだ縫いません。

ミドルウォレット (20)

次に真ん中のカード入れをぬいつけます。最初のカード入れと同じように下部と右端を縫い付けます。

最後に残りのカード入れ下部のみを縫いつけます。

そのあと、本体パーツのカード入れ部分両サイドを縫えばカード入れの完成です。

ミドルウォレット (22)

小銭入れの縫い付け

本体パーツに小銭入れを縫いつけます。

小銭入れの背中部分と本体にコの字型に菱目打ちを開けて、縫いつけます。

ミドルウォレット (18)

次に小銭入れパーツのまだ縫っていない場所を縫い合わせます。

ミドルウォレット (23)

小銭入れパーツの縫い合わせた場所のコバ磨きをして小銭入れパーツは完成です。

札入れの作成

最後に本体の札入れ部分を折り曲げて菱目打ちで穴を開けて縫いましょう。

ここは特に注意することはありません。

そのあと、本体の折り曲げ部分にも補強パーツを縫いつけます。

札入れ部分に折癖をつけるために、財布を閉じた状態で、しばらく放置して折癖が付いたら完成です。

ミドルウォレット (1)

少し変わった形ですが、使い慣れれば使いやすい良い財布です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>