レザークラフトで革をきれいな円形に切る方法

レザークラフトで革を切る際に使う道具といえば、革包丁やオルファ・別たちOLFA アートナイフなどだと思います。

これらの道具は直線は簡単に切れますが、円形部分などはなかなかきれいに切れません。

レザークラフトを始めたばかりの初心者の場合特に難しいと思います。

せっかく、型紙を正確に設計しても、型紙どおりに革を切りぬくことができなければ意味がありません。

ということで、今回は、革をきれいな円形に切り抜く方法を紹介します。

スポンサーリンク

専用カッターを使う

当たり前の事かもしれませんが、専用のカッターを使うことできれいな円形に切ることができます。

円形に切り抜くためのカッターはいろいろなものが販売されています。

安いものだと、「コンパスカッター」があります。

4901165102904_1

これは、コンパスの鉛筆部分がカッターになっているという商品です。

これの場合、中心に穴が開いてしまうのでレザークラフトには向いていません。

ということで、中心に穴が開かないものを探しました。

そして、見つけたのが「円切カッター iC-1500P NT」です。

14730_1

この商品の場合、中心に穴を開けることなく円形に切り取ることができます。

また、円の直径も1.8cm~17cmと幅広く対応しているので使い勝手がいいです。

そして、もう一つポイントがあります。それは土台の色がクリア(透明)ということです。

透明なため、切断部分を見ながら切ることができます。

これは使ってみればわかります。透明じゃなかったら、だいぶ使いにくいと思います。

ちなみに、透明じゃないやつも少し安くで販売されています。「円切りカッター C-1500P」は土台が白です。

まとめ

専用カッター「円切カッター iC-1500P NT」を使うことで、革をきれいな円形に切ることができます。

レザークラフトの作品がきれいにできるかどうかは革を切りぬいた時点で半分決まります。

型紙通りの形に革を切りぬくことができれば、そのあとの作業もスムーズに進みます。

逆に、型紙通りに革を切りぬけなかった場合、作業を進めていくうちに、形が合わないなどの不具合がどこかで発生してきます。

そうなると、その場で対策を行い、最終的に当初の予定とは少し違う作品になってしまったりします。

せっかく型紙を設計してもこれでは意味がありません。

設計した通りの作品をきれいに完成させるためにも、きれいな円形を切る道具があると役立ちます。

レザークラフト初心者が次に読むといいページ

レザークラフト初心者のための基本技法  
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>