初心者におすすめ100均で買えるレザークラフトに使えそうな道具

レザークラフトを始めたい!けどお金はかけたくない!という人も多いと思います。

確かに本格的なレザークラフトの道具をすべてそろえようとすると、それなりのお金が必要になります。

しかし、趣味程度でレザークラフトをやりたいと思っている人なら、そこまで本格的な道具じゃなくても大丈夫です。

最近では100均でも使える道具が結構あります。

ということで、今回は100均に売っているレーザクラフトに使えそうな道具を紹介します。

今回は、実際に私が買ったものを紹介しますが、ここで紹介されていない物もあるかもしれないので、自分で探してみるのもいいと思います。

ちなみにお店はダイソーです。

スポンサーリンク

一覧

まずは、一覧で紹介します。

ダイソーで買ったものは

  • 工作用紙
  • カッティングマット
  • ヘラ
  • ハンマー
  • カッター
  • サンドペーパー(やすり)
  • 定規
  • ハトメリングとハトメ打ちセット

以上です。それでは詳しく見ていきます。

DSC_0067

工作用紙

これは、型紙用の厚紙として使えると思い買いました。

ちゃんとマス目も入っていて、硬さも程よい感じです。

大きさも320mm×450mmと十分な大きさです。

DSC_0068

カッティングマット

これは、カッターなどで厚紙を切ったりする時の下敷きになるカッティングマットです。

私が行ったダイソーでは一番大きいものがA4サイズでした。

A3くらいが理想的だったのですが、まぁA3でも、できないわけではありません。

ということで、とりあえずこいつを買いました。

DSC_0075

ヘラ

ヘラはゴムのりを伸ばしたり、トコノールを伸ばしたりする時に使います。

レザークラフトでは何かと活躍することが多いので、3本入りのやつを買いました。

用途によって使い分けたいと思います。

DSC_0074

ハンマー

レザークラフトで革に穴をあけるときに必須なのがハンマーです。

こいつも100均のやつで十分です。

ハンマーだと音が気になるので、私はハンマーの使用は最小限にしています。

菱目打ちは自作の音の出ない機械でやってます。

DSC_0069

カッター

こいつが100均にあるのは意外でした。

普通のカッターではなく、アート用カッターです。

見ての通り形が違います。

細かいところをきれいに切り取るための形をしています。

レザークラフトでも活躍しそうです。

DSC_0072

サンドペーパー

サンドペーパーはコバ磨きの際に活躍します。

しかも、5種類の粗さのサンドペーパーがセットで100円です。

結構お得だと思います。

コバ磨きはレザークラフトの作品の出来を左右するので、サンドペーパーは持っておきたいです。

DSC_0070

定規

定規はカッターなどで直線を切るときに使います。

そのため、金属性のものがいいです。

こいつは長さも40cmあるので直線切にはバッチリです。

欲を言えば直角が切れるL字型がほしかった。

DSC_0073

ハトメリングとハトメ打ちセット

これは、レザークラフトショップなどで買うとそこそこの値段がします。おそらく7~8倍の値段でしょう。

革に穴をあけるハトメパンチと、その時の台座になるハトメ台座、そして、穴を金属で補強するハトメリング。

全部100均に売ってました。結構、びっくりです。

DSC_0071

まとめ

以上、全10点でした。

100均はどんどん進化していて、結構使えるものがあります。

レザークラフトをお金をあまりかけずにやってみたいといひとは100均を利用するといいでしょう。

レザークラフト初心者が次に読むといいページ

レザークラフト初心者のための基本技法  
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>