レザークラフトの技法

レザークラフトで使える革漉き機の紹介

レザークラフトを極めれば、素人でも実際に販売されている革製品のような作品を作れるようになります。 そのために、欠かせないものが革漉きという作業です。 レザークラフトを始めたばかりの時は革を漉いたりしなくても満足できると思いますが、 徐々に物足りなくなってきます。 特に、革小物を作るうえで革漉きは欠かせない作業になります。 財布のように何枚も革が重なるような作品は、 革の重なる部分だけ、革を漉くこと […]

レザークラフト小技集1 布の縫い方

レザークラフト小技集として、私が使っている小技を紹介していきたいと思います。 そんなの小技じゃなくて当たり前のことだよとかいうものもあるかもしれませんが、そこはあまり深くつっこまず読んでみてください。 また、意見などがあれば、遠慮なくメッセージをいただけると幸いです。 第1回の今回は「布の縫い方」についてです。 レザークラフトなのに、なんで布なんだと思う方もいるかもしれません。 しかし、レザークラ […]

100円の材料3つで作れる菱目打ちを静かにやる道具

以前、レザークラフトを静かな音でやるいろいろな方法という記事を書きました。 前回はとを紹介しました。 この2つはいろいろな人がネットでも書き込みをしているので知っている人も多いと思います。 この2つの方法でも、もちろん静かに菱目打ちをすることができるのですが、それぞれすこしだけ問題点があります。 それは、「価格が高い」「穴開けできる位置に限界がある」ということです。 価格に関してはどちらも3000 […]

レザークラフト作品リュック背中部分の芯材&クッション材の作り方

レザークラフトでリュックを作るとなると、結構大変です。いろいろと考えなくてはいけないことがあります。 特に体と直接触れ合う部分である背中部分は重要です。 中に入れる芯材が固すぎると、背負った時に不快です。 また、逆にやわらかすぎると不安定になります。 ちょうどいい固さとクッション性が背中部分には必要です。 ということで今回は私が過去に作ったリュック作品の背中部分の作り方を紹介したいと思います。 背 […]

レザークラフト初心者のための芯材の種類と選び方と使い方

レザークラフトで作品を作るときに、革だけでは形が保持できなかったり、強度を強くしたいときなどに芯材を使います。 芯材を革の裏側に貼ることで、革の形を一定に保ったり、強度を上げることができます。 芯材には用途によってさまざまな種類があります。 そこで今回は、芯材の種類と選び方と使い方を紹介します。 芯材の種類と選び方 芯材といってもさまざまな種類があります。 革にはない硬さが必要な時。クッション性が […]

レザークラフト初心者のリュック作成_型紙設計工程の紹介

レザークラフトを始めたばかりのころ、初心者にも関わらず、リュックを作りたい!と思い、まずは型紙を作成しました。 実際に使用するリュックなので、良い革(少し高価)を使用するつもりでした。結局、革だけで1万円近くになりました。 そのため、簡単には失敗できないと思い、型紙設計の段階からかなり慎重に行いました。 その時の工程を今回は紹介します。 デザイン 自分で作るレザークラフト作品なので、オリジナリティ […]

レザークラフト・ファスナーの取り付け方の基本

レザークラフトをやっていると、いずれは使いたいパーツの一つにファスナーがあります。 ファスナーは鞄、財布、ペンケースなどいろいろなところで使います。 ファスナーの基本の取り付け方を知っておけばいろいろな作品に応用できます。 ということで、今回はレザークラフトにおけるファスナーの取り付け方の基本を紹介します。 ファスナーの長さ調整 まずは、ファスナー取り付け位置に合わせてファスナーの長さを調整します […]

レザークラフト型紙を自分で設計する方法と注意点

レザークラフトの醍醐味といえば自分で型紙を設計して、オリジナルの本革グッズを作れるところです。 初心者のうちはインターネットや本などに掲載されている型紙を使うかもしれませんが、そのうち自分で型紙から設計してみたくなります。 そんな人のために、今回はオリジナル型紙の設計方法と設計時の注意点について紹介します。 型紙の設計方法 手順1 完成品をイメージする まずは、自分が作りたいものの完成品をイメージ […]

レザークラフトの基本技法5~革を糸で縫い合わせる

革に菱目打ちで縫い穴を開け終わったら、糸で縫い合わせていきます。 この時に使う針と糸は普通の裁縫で使うものとは少し違います。 は、先端がとがっておらず丸みを帯びているものを使います。 これは、革を刺してしまった時に傷をつけないためです。 糸はロウ引き糸を使います。ロウ引き糸とはロウ(ろうそくのロウ)が塗ってある糸のことです。 ロウを塗ることで糸の耐久性があがり、切れにくくなります。 ロウ引き糸を準 […]

レザークラフトで革に穴をあける[ハトメ抜きと美錠抜き]

レザークラフトでは菱目打ちであける縫い穴以外にも革に穴をあけることがあります。 例えば、ベルトのバックルのピンを通す穴だったり、ハトメリングをつけるための穴だったりします。 これらの穴あけの技法を知っていれば、作品のバラエティが増えます。 ということで、今回はレザークラフトにおける穴あけ技法の「ハトメ抜き」と「美錠抜き」を紹介します。 ハトメ抜き まずは、から紹介します。は革に円形の穴をあけるため […]