和乃革モデル工業用ミシンが届きました!軽くレビュー紹介

和乃革モデル工業用ミシンが届きました!軽くレビュー紹介

以前わくわくミシン工房というお店で、工業用ミシンを購入したのですが、

その直後に同じお店から革専用の工業用ミシンというものが発売されました。

それが、「レザークラフターLC-PS」です。

このミシンは、「革通販サイト和乃革」とコラボして開発されたミシンということでした。

とても気になっていたのですが、

このたびいろいろと経緯があって、レザークラフターLC-PSを手に入れることができましたので、

紹介しようと思います。

 

普通の工業用ミシンとの違い

私が最初に購入した工業用ミシンと今回のミシンは、ぱっと見て同じに見えます。

しかし、よく見ると違うところがありますので、紹介していきます。

針の左右への振れ機能が無い

普通のミシンには縫い目がジグザグになるような機能が付いています。

しかし、この和乃革モデルミシンにはそのような機能はありません。

そのため、左右の針の振れ幅などを調節するためのツマミが無くなっています。

工業用ミシン和乃革モデルの使い方

ジグザグ縫いはレザークラフトで使うことはほとんどないので要らないと思います。

この機能をなくすことで、針が振れることなく正確に革を縫うことができるようになったらしいです。

直線縫い専用

ちなみに、このミシンは直線縫い専用ミシンと説明に記載されています。

私はこれまでミシンを使ったことがなかったので、

「直線縫い専用」=「曲線などのカーブは縫えない」

と思っていましたが、これは間違いでした。

「直線縫い専用」=「直線ステッチのみ(ジグザグ縫いがない)」

という意味でした。

このミシンはちゃんとカーブも縫えました。

(私のように知らない人がいるといけないので書いておきます。)

上下送りに特殊樹脂

普通、ミシンの送りというとしっかりと生地を送るためにギザギザになっています。

しかし、革を縫う場合はこのギザギザが邪魔になります。

なぜかというと、傷がついてしまうからです。

私が和乃革モデルの前に購入した工業用ミシンも普通に縫うと傷がひどかったです。。。

和乃革モデルのミシンは革を縫うために作られているので、

送りに特殊な樹脂が塗ってあり、革に傷がつきにくくなっています。

ということで、早速縫ってみました。

使用した革は和乃革の本ヌメ革チョコ2mm厚です。

上側が普通の工業用ミシンで縫った場合で、下側が和乃革モデルです。

工業用ミシン和乃革モデルの使い方 (5)

上側は傷がひどいです。。。

和乃革モデルの縫い目は、傷はまったくと言っていいほどつきませんでした。

かなりいいかんじです。

ミシンの音

手縫いの場合、縫い穴をあけるときに大きな音がします。

そのため、夜はやりにくいです。。

このミシンはというと、、、静かです!

菱目打ちをハンマーでたたく音よりは確実に静かです。

これなら家族が寝た後でも作業ができます。

 

素人でも使えるのか?

これはYESです。

ミシンを触ったことのない素人でも簡単に使えると思います。

私自身がミシンをほとんど使ったことのない素人です。

(中学校か小学校の家庭科で使って以来です。)

 

そんな私でも、特に迷うことなく使えたので、

だれでも使えると思います!

 

ということで、これからはこのミシンを使った作品もどんどん作っていきたいと思います。

 

趣味レザークラフターに人気の記事

CADを利用して型紙を設計することで、レザークラフトの作品のレベルがぐっと上がります。 CADは難しいというイメージがあるかもしれませんが、 やってみれば誰でも使いこなせます!