無料CADで十分使えます!!

CADがあると作品のアレンジも簡単。無料CADで十分使えるので是非マスターしてみてください。

レザークラフトの型紙設計はCADソフトをお勧めします

趣味を仕事に!個人でもレザークラフト作品を販売してみる

ネットショップで作品販売

レザークラフトをやっていると、自分で使うものというのはすぐに作り終えてしまうものです。

そうなると、周りの人にも作ってあげたりしだします。

そして、いずれはショップなどで販売したいと思いだします。

私の場合はそうでした。いろいろな人に作ってあげているうちに、ネットショップとかで販売してもいけるんじゃないか!?

もしかしたら、これを仕事にできるんじゃないかと思い始めました。

現在はネット通販が広く浸透してきていて個人でも簡単にネットショップを作ることができます。

というわけで、レザークラフトで作った作品を個人販売する場合におすすめのネットショップ作成サービスを紹介します。

趣味程度ならBASE

あくまで趣味の範疇で、作った作品を売りたいという場合はBASE がいいでしょう。

このBASE のいいところは無料ですぐにネットショップを作れるところです。

他のネットショップではクレジットカード決済を導入しようと思ったら、

審査が必要であったり、手数料が別途必要になったりと、めんどくさいです。

が、BASEは登録したその日から、レジットカード決済にも対応しています。

商品登録数も制限なく、在庫管理などもやりやすいです。

ただし、カスタマイズ性能があまり高くありあません。

また、1つの商品につき登録できる画像は5つまでなど、いろいろと制限があります。

例えば、レザークラフト作品を販売しているくも舎のBASEショップなんかはシンプルだけどおしゃれです。

 

販売手数料に関しては、BASEが最安かもしれません。

商品が売れたときに以下の手数料を支払うだけです。

BASE手数料

とにかく気軽に始められるので、個人の方はまずはBASE でスタートすることをお勧めします。

あとは無料のサービスも充実しています。

例えば、「商品撮影サービス」があります。

商品の撮影を無料でプロがやってくれるというものです。

ネット販売において、商品写真は一番重要といっても過言ではありません。

商品を送付するための送料を支払う必要はありますが、

それだけで、10商品分の撮影を無料でしてくれます。

個人でネットショップをやるなら、最初は作品の制作に集中したいと思うので、

利用する価値は十分にあると思います。

そのほかにも「ロゴ作成」「定期購入」「レビュー設定」「ブログ設定」など無料でいろいろな機能を使うことができるので、個人にはとてもお勧めです。

本格的に販売するならグーペかカラーミーショップ

注文を受けてオーダーで製作したり、商品としてレザークラフト作品を売りたいならグーペ カラーミーショップがベストです。

この2つならならおしゃれなネットショップがだれでも簡単に作れます。

レザークラフトで作った革製品を売るとなると、

デザインはとても重要です。

どんなにいい商品でも、その商品の良さがネットショップ上でお客様に伝わらなければ、売れません。

ネットショップの難しさはここにあります。

実際に手に取って見てもらうことができないので、

自分の商品のいいところを写真で伝えなければいけません。

 

ということで、ネットショップで自分の作品を販売してみたいと思っている人は参考にしてみてください。

半裁サイズの革プレゼント企画2018by「ShiAN」
応募者の中から当選した方に 株式会社山陽が作るピット槽タンニン鞣しの本ヌメ革半裁サイズをプレゼントします。 応募期間は2018年11月30日までとなっております。 興味のある方は詳細ページをご覧ください。
オススメショップランキング
和乃革

こだわりの日本製の革を販売しているサイト。革の品質が高いので、一度使うと離れられません。

レザークラフト道具・材料のパレット

いろいろなレザークラフトの道具を販売しているお店です。最初のころは良くお世話になりました。

レザークラフト型紙専門店「ShiAN」
レザークラフト型紙専門店「ShiAN」

初心者でも使いやすい型紙を販売しています。PDFファイルなので繰り返し印刷できるところが◎。

ネットショップで作品販売
スポンサーリンク
0から始める初心者のための簡単レザークラフト入門

コメント