CADの簡単便利な機能を紹介します

レザークラフトでCADを利用すれば、
作品のレベルが1段階上がります!!
思った以上に簡単なので、パソコンを持ってる人はチャレンジすることをおススメします。

簡単便利なCAD機能の紹介

型紙をきれいに切り取りたいならラベルシールがおすすめ

便利技

レザークラフトでは型紙がとても重要です。

ということはみんなわかっていることだと思います。

きっちりとした型紙を設計した後は、その設計通りに型紙を切り抜く技術も重要です。

どんなにしっかりした型紙でも、

型紙どおりに切り取ることができなければ、意味がありません。

型紙切り取りの工程

まず、型紙を切り取る際の工程をおさらいです。

  1. 型紙を設計
  2. 型紙を印刷
  3. 印刷した型紙を厚紙に張り付ける
  4. 厚紙を切り取る

という4つの工程があります。

設計に関しては、CADを使えば簡単にできます。

(参考記事:レザークラフトの型紙設計はCADソフトをお勧めします

CADで設計していれば、印刷も簡単です。

 

意外と難しいのが

「3.印刷した型紙を厚紙に張り付ける」

なのです。

 

この工程は簡単そうに見えて難しいです。

 

多くの人が印刷した型紙にのりを塗って、厚紙に張り付けていると思います。

A4サイズの紙にのりをまんべんなく塗って、

ゆがみのないように厚紙に張り付ける。

少しでも歪んでしまうと、サイズがずれてしまうので、型紙が台無しです。

 

そこで、今回はこの作業を楽にする方法を紹介します。

(あくまでも、私個人が利用している方法です。)

ラベルシールを利用

ラベルシールというのは、

「印刷可能なシール」

と思っていただければいいかと思います。

実際に私が使っているのはエーワン(A-One)ラベルシール マット紙です。

これに型紙を印刷しています。

型紙を印刷したら、厚紙に張り付けて切り取るだけです。

シールなので、のりよりも簡単に張り付けることができます。

 

これだけなのですが、意外と便利です。

よければ、活用してみてください。

 

最初の1冊としておすすめの参考書
レザークラフトを始めようと思ったときに参考書を買おうと思う人も多いかと思います。 しかし、世の中にはたくさんの参考書があります。 私も10冊以上は買いました。。。 そんな中で私がおすすめする参考書を紹介します。
オススメショップランキング
和乃革

こだわりの日本製の革を販売しているサイト。革の品質が高いので、一度使うと離れられません。

ヌメ革通販サイト「キナリ」
ヌメ革通販サイト「キナリ」

2020年に新規オープンしたヌメ革のみを販売している通販サイトです。株式会社山陽が作る高品質なヌメ革を0.1mm単位で厚さをオーダーして注文可能です。
半裁1枚からオーダー可能なので、ヌメ革を購入する場合はおすすめです!

レザークラフト型紙専門店「ShiAN」
レザークラフト型紙専門店「ShiAN」

初心者でも使いやすい型紙を販売しています。PDFファイルなので繰り返し印刷できるところが◎。

便利技
0から始める初心者のための簡単レザークラフト入門

コメント

タイトルとURLをコピーしました